あおもり藍 サージカルマスク

 

 

 


あおもり藍サージカルマスクは、天然の抗菌剤「あおもり藍エキス」を塗布した抗菌フィルター層を最外層に微粒子カットフィルターを内層に配置した2重機能フィルタータイプの3層構造の高性能なマスクです。

マスクの性能
・BFE : 99% 以上  ・呼気抵抗: P(mmH20/ ㎠ )<4.0
・PFE : 99% 以上  ・血液不透過性:160mmHg
・VFE : 99% 以上  ・ASTM-F 2100-11 : レベル 3

細菌微粒子99%%カットフィルター使用

あおもり藍にインフル阻害効果
弘前大と東北医科薬科大(仙台市)などの研究グループは8日、青森県内で栽培される「あおもり藍」のエキスにインフルエンザウイルスの感染を阻む効果を確認したとの研究成果を発表した。エキスを含む布を使ったマスクやスプレーなど、青森発の素材を活用し、感染を防ぐ新たな予防製品の開発につながると期待される。弘前大や藍染め製品の製造、開発を手がける「あおもり藍産業協同組合」は昨年11月、あおもり藍を使ったインフルエンザウイルスの阻害剤について特許を出願した。
研究グループによると、A型のインフルエンザウイルスに県内で栽培された藍の葉から抽出したエキスを混ぜて1時間たった液体を、ウイルスの増殖実験に使われるイヌの培養細胞にふりかけた。ウイルスだけを細胞と培地にふりかけた場合は1ミリリットルあたり6千個、細胞と10%のエタノールを含む培地に振りかけると千個の細胞が感染したが、エキスとウイルスの混合液では感染した細胞が見つからなかったという。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

マスクをご希望の方時は、こちらよりお問い合わせください。

ページ上部へ戻る